2ntブログ

初めの瞬間…2

次の日に娘は来ました…が、弟も一緒でした。
娘は昨日とは違うショートパンツ姿で
「ごめんなさい…」と泣きそうな顔をしてましたが私は、
「さて、なにして遊ぼうか?」笑顔で頭を撫でてあげました。
1時間もしないうちに弟は漫画を読みながら寝てしまいました。

「○ーちゃんごめんね、どうしても○○ひろ(弟)も来るって言って泣いち
ゃったから」
と言っていました。
弟が寝てるとはいえ、派手なことは出来ません。悩んでいると娘が、
「早く測ろうよ、ゆみの足は長いのかなあ…」と急かされました。

今日もメジャーを持ち出し足を開かせました。
昨日のパンツは白でしたが今日はピンクでした。
少女独特のパンツの股間のシワが今日も目の前に現れると思うと興奮は早く
もピークにたっしてました。
しばらくはパンツの上からの感触を楽しみました。
そして今日も
「んー、うまく測れないなあ」と言ってしまいました。
そして次の瞬間私はパンツをずらして指に娘のアソコを感じながら測ってし
まいました。しかし娘は気にすることもなくされるがままでした。
何回かお風呂には入っていたので娘のアソコは見たことはありますが、その
頃は気にもしていませんでした。
指の甲で楽しんでいると弟が目を覚ましそうだったので2人で顔を見合わせ
て足測りごっこを終了しました。
娘は「また測れなかったね」と言ってました。

その夜は娘の母親に晩御飯を食べにおいでと誘われました。
私は父親にも可愛がられていましたので、ばれた時の事を考えると怖かった
のですが勇気を出し遊びに行きました。
父親は晩御飯の時のビールが回ってしまい高いびきで寝ていました。
母親にお風呂に入りなさいといわれ、娘と弟と3人で入りました。
最近気になっている娘のアソコはパンツも無しで私の目の前にあります。
頭や体を洗ってあげている時も興奮しっぱなしです。
そんな興奮真っ最中の時に風呂場のドアが開き私は一気に興奮が冷めまし
た。母親です。
「ちゃんと○ーちゃんの言うことを聞いてる?」と顔を出しました。
ちょうど娘の頭を洗っているときで娘でチンチンは隠れていましたので興奮
をしていることはばれませんでした。この母親には風呂に入る時や出る時に
チンチンを見られているので恥ずかしいとは思いませんでした。母親の目の
前で服を脱いだり着たりをしていたので毎回見られていました。
弟はとっくに風呂から出ていたのでもう寝てしまっていると母親が言いまし
た。しばらくすると母親が裸で現れて風呂に入って来ました。この家はかな
りオープンで私がいる時でも夫婦でお風呂に入ったりキスをしていましたの
で慣れてしまっていました。
母親と娘と私で小さいお風呂に入っている状況は高校生には不思議な感覚で
した。母親に頭と体を洗ってもらっているうちに興奮してしまい立ってしま
っていました。しかし恥ずかしくもなく当たり前のように前を向いてと言わ
れて向いてしまい、立ったチンチンを洗ってもらいました。娘は不思議そう
に立ったチンチンを見てました。私にはそっちの方が興奮しました。
程なく父親も入って来て私と娘は風呂を出ました。
風呂を出てから娘の体をタオルで拭きパンツをはかせパジャマを着せまし
た。。。しかしただ拭いたのではなく念入りにやさしくたっぷりと時間をか
けて目に焼きつけながらです。

またちかいうちに遊びに行くねと屈託のない笑顔が私に向けられました。



泥酔 | 【2021-09-18(Sat) 12:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

出会い(宿舎編)

木村家を昼ごろ出た、妻と吉本は、タクシーを拾える所まで歩いた。昨夜の出来事で気まずい雰囲気の中、口を開いたのは、吉本だった。
吉本『奥さん、すいませんでした。つい、酔ってしまって・・・・』妻無言で頷く。
吉本『また、お会いしたら、その時は、楽しくやりたいですね』
妻『吉本さん。お掃除とかお洗濯は、どうなさっているの』と吉本の暮らしぶりを尋ねた。
吉本『一週間分を土曜日にやっていますよ』と半笑いで答えた。
妻『明日、時間がありますので、私がお手伝いしますよ』吉本、呆気にとられて
吉本『滅相も無い。他人の奥様にして頂くなんて』と手を振った。
妻『大丈夫です。主人の宿舎で慣れていますから。折角のご縁ですから遠慮為さらずに』
吉本『そうですか~。じゃあお願いしちゃおうかな?』と満面の笑みを見せる。
妻『住所を教えて下さい。明日行きますから』と住所を教えて貰った。私は、妻が何を思い、吉本の家に行くのか不明だったが、後に、由美子から状況を聞くことができ、納得したのだった。
 日曜日、妻は、約束とおり吉本の家を訪ねた。一戸建てのアパートで、隣の家とも10m位の間隔があり、ゆったりとした家だった。6畳2間でキッチンと風呂付の小洒落た所に住んでいた。
吉本『すいません。お休みの日に。汚い所ですが上がって下さい。』妻は、ハーフコートを着ていたが、上がり込んだ途端に脱いだ。吉本は、目を疑った。ハーフコートの下は、私が好きな大きく胸の開いた黒のキャミソールと薄手のニットのカーディガン、しかもノーブラだったのだ。妻の乳輪は年のわりにピンク色で直径7セン程度でやや大きめだが、乳首が小さくノーブラでも乳首の突起や乳輪は目立たなく、私とショッピングに行く際にも肩が凝ってしまうと言う理由でよくノーブラで出かけたのだった。
しかし、私との外出は、ハーフコートを脱がないが、この日は、脱いでしまったので、妻のIカップの谷間が、20センチ以上露出されており、吉本が勃起してしまうのに時間が掛からなかった。
妻『お洗濯から始めますので』と洗濯機に向かい吉本の服を洗い始めた。
妻『吉本さん。お掃除までやってしまうので、お出かけになったら。』
吉本『いやいや。奥さんに色々やって頂いているのに、私が遊んでいる訳には行きません』と雑誌やゴミを片付け始めた。妻は、掃除もはじめ掃除機がないので、ほうきで床を掃いていると、妻のメーター越えのデカ尻がスカートを通して左右にプリプリ揺れているのが分かったのか、吉本の目は妻のデカ尻に釘付けになっていた。スカートの下の白い紐パンは、透けてはいなかったが、まるで、吉本を誘っているような妻のいでたちだった。深く屈み、ホウキを使っているので、妻の胸は今にもこぼれそうになっており、しかも、ホウキを動かすたびに、ブルンブルンとデカパイが揺れ、それを見た吉本のモノは、勃起の限界点に達していたのだった。3時間程度で掃除も終わり、昼を少し過ぎた頃
吉本『奥さん。お寿司が来ますので、食べていって下さい。』
妻『いえいえ、かえって悪いですわ』と遠慮したが、吉本の勧めで、食べることにした。
吉本『寿司をつまみに少し呑みますか?』
妻『私は結構ですので、吉本さんどうぞ』
吉本『じゃあ遠慮なく』と冷蔵庫からビールとお茶を取り出し、妻にお茶を差し出した。世間話をしていると、吉本に限界がきたのか、下ネタになっていった。
吉本『この間見せて頂いた、奥さんの綺麗な体が忘れられません。ご主人の趣味ですか?』
妻『お恥ずかしい。数年前に、悪ふざけで撮ったのですよ。まさか由美子がもっているなんて』
吉本『そうですか~私も同じでして、別れた妻を良く撮っていましたよ。まあ、それが原因で別れたようなものですけど・・・・』
妻『え~。そうなんですか、でも奥さんも嫌だったのでしょう。私は、主人に綺麗なうちに、お前を残しておきたい なんて騙されたのですいけれど』
吉本『奥さんのような綺麗な体だからですよ。魅力的ですから』
妻『恥ずかしいですわ』とはにかんだ。吉本は、ビールを3本呑み、日本酒を呑みはじめていた。
妻『もうこんな時間?そろそろお暇します。』
吉本『折角きて頂いたのだから、嫌でなければもう少し、ね 少しだけ話ましょう』と妻の手を軽く引いた。妻がよろめき、吉本に寄りかかると妻の胸が吉本の肩にムンズと触れた。吉本は軽く妻を引き寄せキスをした。妻は、嫌がる素振りを見せたが、恋人同士のように口付けを交わした。軽く胸を揉み。
吉本『ノーブラじゃあないですか。奥さん初めからその気だったのですね』妻の胸を露にして
妻『違います。あんっ、掃除したりすると肩が凝るから外して来ただけです。』と目を瞑り答えた。
吉本『昨夜の私のが忘れられなかったのでしょう?嫌らしい胸して。』妻は、無言
吉本『由美子さんの言うとおり、Mなんですか?私のが欲しいのですか?』妻は無言でデカパイを揉まれている。吉本は、スカートも脱がせ、紐パン一枚にした。
吉本『パンティーもいやらしい。私に抱かれたいのですね?さあ、自分の口で言って』と妻のデカ尻を軽く叩いた。妻は、答えない。吉本は自らも服を脱ぎ捨てチンポを出した。
吉本『奥さん、食べたいのでしょう。いいですよ』とチンポを突き出した。妻は、うっとりして咥え頭を上下に振り出した。吉本は、タンスからデジタルムービーカメラを取り出して撮影しだした。
妻『ふごっ、何しているの』
吉本『奥さんの好きな撮影だよ』
妻『駄目、やめて。写さないで』と言った。
吉本『わかった。じゃあ、私のも仕舞ってしまおう』とパンツを履き出した。妻が、パンツを履こうとした手を掴み止めた。
吉本『駄目駄目、私の趣味を奪って、奥さんだけ気持ち良くなろうとしても。撮影しても良いですか?』と妻に尋ねた、妻は無言で頷いた。吉本が再びチンポを取り出すと、妻は速やかに咥え込んだ。
妻『大きい、大きいわ』と激しく頭を振り、口を目いっぱい広げて頬張る。
吉本『奥さん、昨夜と同じくシックスナインになって』と妻を移動させ、妻の秘部をアップで撮影した。妻の秘部を弄り、妻が濡れていく様を録画して興奮しているのであろう。
吉本『奥さん、挿れて欲しい?』
妻『ふんぐっふんぐっ』と頷く。
吉本『ゴムないよ』妻チンポから口を離し
妻『お願い、買って来ますから着けて下さい。』
吉本『面倒だから辞めましょうか』と意地悪るく言うと、妻は少し考え吉本の上に跨り腰を沈めた。
吉本『OKですね。いいのですね』頷く妻。吉本録画しながら、片手で妻の胸を揉み
吉本『もっと、激しく。おっぱい揺らして』と右の胸を叩いた。妻は、激しく腰と胸を振り悶えた。
吉本『いやらしい体だ。ムチムチしておっぱいはデカいし、尻もデカい』と下から突き上げるように腰を振り、妻を一回イカせた。
吉本『奥さん、今度は、四つん這いになって』と妻をバックから突いた。カメラを上からデカ尻を撮り、横からデカパイの揺れる様を撮り、色々なアングルから撮っていた。
吉本『私も一回イキますよ。どこに出すか言って』妻無言。更に激しく突かれ
妻『どこでもいいからちょうだい』とデカ尻を吉本の腹に押し付けた。
吉本『うっうっ』と尻を引き締め中に出した。数分入れっぱなしで、余韻を楽しみ。
吉本『奥さん、お掃除』とチンポを突き出し、お掃除フェラをさせた。その最中も録画して一種のハメ撮りが完成した。
吉本『デッカイおっぱいとムチムチの尻、おまけにMとくれば、最高だよ奥さん。旦那がいない間は、私が慰めてあげるから、いつでも来なさいね』妻はまだしゃぶっている。
この日、3回のSEXを夜までして二人は、別れていったが、ここからが妻の痴態と吉本の変態っぷりの始まりであった。そんな事とは、知らずのん気にパチンコしていた私であった。

野外編に続く・・・・・



泥酔 | 【2021-08-25(Wed) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

叔母夫婦と混浴

20年以上まえ、小学6年のとき、おれは子のない30代の叔母夫婦と3人で温泉にいった。叔父がここは混浴だといった。

へやでいっしょに浴衣に着替えた。目の前で叔母もショーツだけになって浴衣をきた。おれは、おばの乳首や裸体を凝視した。おれもパンツ一枚になって、叔母に浴衣をきせてもらった。そのとき叔母はおれの胸からへそ、下腹部をさわった。  
 
風呂にはほかに60代くらいの夫婦がいた。「しつれいします」「どうぞどうぞ」といった。おとな4人は湯船のふちに腰掛けて、せけん話をしてた。お互いの夫婦生活も笑いながら話してた。そのうち4人ともタオルをはずし、下腹部もさらしてた。

60おばさんは叔父をみて「いい男。あそこもりっぱ」といった。叔父は「そちらさんも、お若いですね。締まりもいいでしょうね」といいかえした。おれはずっと勃起してて湯船につかってた。

叔母が我慢するなといった。おれは60夫婦の間にすわった。叔母夫婦は、「おさきに」といって風呂からでてってしまった。すぐ60おばさんがおれの勃起部分を手でしごいた。おれの精液が出た。60おじさんは何事もないような笑顔をしてた。  

夕食後、60夫婦をおれたちの部屋によんで、ビール飲みながらまたせけん話。おれは背を向けてテレビをみてた。しばらくして、話し声がしなくなった。おれはトイレにたった。そのとき、60おばさんが叔父の浴衣のすそに手をつっこんでるのがみえた。 

トイレからか帰ると60おばさんと叔父がいなくなってた。叔母が横になった60おじさんの腰をもんでいた。おじさんは手を叔母の両足の間に手をいれてたが、あわててはなした。叔母はおれに「お願い」と1時間くらい風呂にはいって来るようにいった。  

風呂にはいってると、べつの年配女の2人つれがはいってきた。一人は老婆で歩けない。「君てつだって」といわれた。いわれるまま老婆を横から肩車した。胸、脇腹、腰、ふとももを密着させて、湯船まで中腰でつれて歩いた。また勃起した。2人ともおれの下腹部を何度も見ていた。若い方が何度もありがとうねといった。  

老婆はみためより重かった。おれは湯船にへたりこんだ。おれをはさんで2人が湯船すわりこんだ。ぴったり体を寄せてきた。「君は一人?家族は?」などと聞かれた。それまでのことを正直に話した。「えー」「きゃはは」などとわらいながら聞いてた。

若い方が「じゃ君はさみしいね」といって、いきなりおれをもちあげ、自分の膝のうえにのせて、下腹部を自分の目の前にした。「くわえさせて」といって勃起したものをくわえた。おれは若い方の両足の付け根にてをのばした。十分ぬれてた。いじった。ときどき反応して腰をひねった。

「いれさせてほしい」といったら若い方は湯船のふちに手をついて、尻をつきだした。「どうぞ。でもわかる?したことある?」といわれた。おれは無言で挿入した。すぐはてた。湯船のふちに腰掛けたら、こんどは老婆があそこをにぎった。また立ったがすぐに精液がすこし出た。  

翌朝、叔父に「また来よう。父母に内緒だぞ」といわれ、おれはうなづいた。そのとき、叔母はうれしそうにおれのくちびるを奪った。



泥酔 | 【2021-08-18(Wed) 00:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

自宅接待で妻が上司に(2)

お酒の量も増えてきて、私も専務もいい調子になってきました。先ほどの妻の股間の湿りはいったいなぜなんだ?
そう考えると、私の股間も熱くなり、もっと刺激的な場面を想像するようになりました。
妻も専務に進められ、ビールを飲み始めました。私はテーブルの下が気に成ってしょうがなく、覗き見る方法を考えながら
専務との会話を続けていました。しかしながら思いつかず、妻の様子を伺いながら現在の状況を想像しました。
妻の様子を見る限りでは進展は無いようで、先ほどまでは眉間にしわをよせ、私に訴えてきてましたが、どうやら今は落ち着いたようで普通に私たちの会話に参加しています。
そうしていますと妻が立ち上がり、
このままだと酔っちゃうから、用意してる天ぷらを揚げてきますわ。
そう言いキッチンの方に行き、仕度を始めました。その後姿を専務が視姦しているのが良くわかります。
先ほど専務が妻に対して繰り広げたスケベーな行動を、妻はどう受け止めたのか?
専務も妻の反応をどう解釈したのか?
わたしには分からない無言のやり取りが、二人の間には有ったに違いありません。それを確かめたく思い、専務にビールを注ぎ、妻の様子を伺いにキッチンの方に向かいました。
私が妻に小声で
申し訳ない、大丈夫か?そう聞きますと妻は
あなた知ってるの、専務の横に座っている間ずーとエッチな事されてたのよ私、
あなたの立場を考えて我慢したけど、もう限界よ!
次テーブルに戻ったら、もう私はあなたの隣に座ります。
それと、今日は早く切り上げて。
と、かなり御立腹の様子です。私は妻をなだめ、
分かったよ、早く帰ってもらうよ、
と告げ、席に戻りました。それはそれで困った。そう思いながら、今度は早く帰ってもらう方法を考えましたが、いい案が浮かんできません。
私も酔っていましたので、
まあ、なるようになって、明日が早いのでとでも言って帰ってもらおう。
そんな楽観的な考えになり、天ぷらの出来上がりを待ちました。それと同時に、
あの妻の股間の湿りは私の勘違いか、そう解釈しなんか安心したのか、期待はずれか、不思議な気持ちになり、私は気分転換にトイレに行く事にしました。
トイレに立ち
馬鹿な事を考えていたな、でもあの説明のつかない興奮は良かったよな。
確かに専務は妻の蜜部に指を滑らせていたのは事実だ、
少しの間だったが、あの光景は実にエロかったな
そう思うと自分のペニスが、ギュンと脈打ちました。
そんな興奮の中私は事を済ませリビングに向かいました。ドアを開けると専務の姿が無く、リビングで天ぷらを揚げている妻に問いかけました。
あれ?専務は
なんか携帯がなって、表に出て行ったわよ、
と妻が答えました。
その時何気なしに冷蔵庫のドアを見ますと、専務が妻の背後に座りミニのスカートをたくし上げ、お尻を撫ぜている光景がはっきりと映っているのです。
私の興奮度は一気に高まりました。
妻が私にうそをついてまでも、専務との痴態を楽しんでいる。やはり最初の股間の湿りは?
そう思い、この状況を保ったまま、私も二人の痴態を楽しむ事にしました。
二人の行動に気づかないふりをし、リビングのドアで立ち止まり冷蔵庫に映し出された光景を見る事にしました。
どうもお腹の調子が良くないな、それにしても専務にどう言って帰ってもらおう。
と妻に言い、反応を見ました。妻のお尻を触っている専務が、今度は尻を舌を出し下から舐めあげています。
両手で尻を揉み上げたり、中指をたて妻の蜜部をなぞったり、私がすべてを見ているのが二人には分からない様子です。
妻も私の問いかけに普通に答えていますが、尻は専務のイヤラシイ行動に過敏に反応し、ビクビク小刻みに動かして、指、舌が伝えてくる快感に答えています。
あなた、専務本当にイヤラシイわね、あの目つきといい、表情といい、たまらないわ。
早く帰らしてよ。
そういった妻の下半身は言葉とは裏腹に、専務の立て続けの痴態によがり、クネクネと動かしていました。
この状況が余計に二人の興奮を高めているのか、妻が思いもよらない言葉を発し、何事も無いですよと、言わんばかりに専務を悪く言い出しました。しかしすべての状況を見ている私は、尚一層興奮し、
やはりお腹の調子が良くないからもう一度トイレに言ってくるよ、専務が帰ってきたらよろしくね、
そう言うと妻は、
分かったわ、早く戻ってきてよ、
そう言い、キッチンの下で行われている痴態をごまかしました。
ドアをいったん閉め、玄関側のドアに周り、二人の痴態を見る事にしました。
玄関側のドアからはキッチンの中が丸見えになり、普段はそこに衣装掛けを置き、出入りできなくしています。
ドアを閉め際に冷蔵庫を見ますと、妻は両足を少し広げ、専務がその間に顔を突っ込み妻の陰部を舐め上げながら、自らのチンポをしごいている光景が見えました。その続きをこちらのドアを少し開け覗き見る事にし、私もチンポを出し、しごきながら静かに開けました。
すごい光景です。妻は専務の舌使いに酔いしれ、腰を前後に動かしています、今までこらえていたあえぎ声も抑え気味ですが、漏らしはじめました。
ああっ いい 専務もっと奥につっこんで、
専務にそうお願いし、腰を押し付けています。
専務は仰向けの状態で、キッチンにもたれ掛った体勢でチンポをすばやくしごいています。
なんとイヤラシイ光景だ!
私は絶句し、この先をもっと楽しみたくなりました。
妻は両目を閉じ、半開きの口から舌を出し、上唇をしきりに舐め、快感を味わっています。このまま腰を下ろせば、専務のチンポが妻を貫く事ができます。私は密かにそれを期待しました。また報告します。



泥酔 | 【2021-07-02(Fri) 20:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

自宅接待で妻が上司に

一度専務を連れてきたいんだけどいいかな。
その問いに妻は二つ返事でOKしてくれました。
私は42歳、妻は今年30歳になり、子供はいません。
専務の接待は毎週なのですが、今回はねた不足もあり、自宅で済ませようと思い、妻にお願いしました。
当日がき、夜の8時頃に自宅に専務を招きました、玄関を開けると妻が出迎え、丁寧に専務に挨拶をし、奥のキッチンへと招きいれ、早速食事を開始しました。専務は妻を気に入ったらしく、酔いも手伝ってか横に座るようしつこく言い出し、妻も困ってましたが、私の立場を考えてか、同意してくれ、横に座りビールの酌をしはじめました。
妻はB85W56H81で身長は147しかなく、小柄なトランジスターグラマーで巣。玄関を開けた時点で、専務が妻に対していやらしく見ていたのは感じていましたが、それ以上の警戒心も持たず、逆に妻を視姦され、喜んでいる自分がいたのが現状でした。
グラマーなスタイルに輪をかけるように露出度の高い服装に、専務も理性を失いかけていっるようで、叙序にタッチが頻繁に行われるようになりました。妻の服装は、上はピンクの胸元の開いたTシャツでブラのシルエットが胸元から見えるスタイルの形をしており、下はミニのフリフリのスカートで、角度によるとパンティが見えてしまうような代物でした。
対面に座った私に妻が目で訴えてきますので、テーブルの下を覗くと専務が妻の股間に手をおき擦っているのが見えました。
その光景はいやらしく、妻のミニのスカートの内部のピンクのパンティがいやらしくくい込んでいるのが見えています。
私は目線を上に戻し、妻にビールを持ってくるように頼み、席を立たせました、するとキッチンのから妻が声をかけてきて、私にどうにかしてくれとお願いしてきたのです。
私は妻をなだめるように軽くキスをし股間をまさぐり、少し辛抱してくれ、今日だけだから、そういい妻を言い聞かせ席に戻りました。
妻も納得し、席に戻ったのですが、私はひとつ不可解な点がありました。さっきの行為の時妻の股間が湿っていたのです。
言葉と裏腹に、妻も実は感じているのでは、そう思い、もっと妻と専務の接点を深くし、展開を見てみたくなりました。
そのような感覚で、またテーブルの下を覗くと、先ほどと同じく、妻の股間に専務の手があり、、今度はパンティごしに中心部をなぞる光景に変わっていました私は興奮を覚え、妻の顔を見ると、妻も何食わぬ顔をし、じっと耐えていました。この先どうなるのか?また報告します。



泥酔 | 【2021-07-02(Fri) 16:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

Copyright © エッチな萌える体験談 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*